ACTフェローシップ特別講演会

2005年 6月 29日

演題
  「試験管内でタンパク質を作る
   −21世紀のバイオテクノロジー戦略−」
講師 愛媛大学無細胞生命科学工学研究センター
教授 遠藤 弥重太 先生
 阿南市のご出身である愛媛大学無細胞生命科学工学研究センター教授遠藤弥重太先生を講師に招き,ご講演いただきました。ACTフェローシップ会員をはじめ,本校教職員及び一般の方々等も参加し,熱心に聴講していました。将来性が大いに期待できる画期的な研究内容を分かりやすく講演してくださり,質疑応答も活発に行われました。


« 前のページにもどる