阿南工業高等専門学校

学生寮

阿南高専学寮へようこそ


阿南高専の学生寮「明正寮(めいせいりょう)」は、寮生たちから「学寮(がくりょう)」と呼ばれています。それは、アパートや下宿と異なり、みずから学ぶための寮として、互いを尊重し、そして切磋琢磨しながらともに成長してゆこうという寮生自身の誇りによるものです。 学寮には守るべき規則があり、それに違反した寮生は寮を出なくてはなりません。厳しく感じるかもしれませんけれども、規則とは「起床・門限などの時間を守る」「他人に対する迷惑行為をしない」「清掃等の当番を担当する」など、一人の人間として当たり前のことばかりです。この規則の根底には、寮生として学寮運営に貢献するとともに阿南高専を支えること、すなわち、「寮生としての誇りの堅持」があります。 学寮規則は学校が定めたものではなく、寮生の代表と寮担当教員とが相談しながら作っており、この点が校則と大きく相違しています。守るべき規則を自ら定めたというところに、寮生の誇りが表われています。 食事は寮食堂で朝・昼・晩の3食提供されます。ただ、寮室の清掃や洗濯は自分で行ないますし、廊下やトイレ・風呂の清掃やゴミの分別なども当番で担当します。冬季を除き、毎朝7時前には起床してラジオ体操をします。これは1年生だけでなく、5年生や専攻科生などの上級生、外国からの留学生も同様です。また、先輩が講師となる特別講演なども定期的に開催されています。先輩が率先して後輩を導き、後輩はそのような先輩を良き目標として精進する。そのような寮をめざして、寮生は日々、努力しています。 自分を磨き、自律し自立する。そのような学びの場が、ここ阿南高専の学寮にはあります。


前のページにもどる