阿南工業高等専門学校
Japanese/English

高専について

阿南工業高等専門学校における三つの方針について
(ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミッションポリシー)

[ディプロマポリシー]

「核となる分野に関する確固たる知識をベースとしてもち,その方法論・実践力を幅広い工学分野を対象として創造的に活用できる可能性をもった技術者」の育成をめざし,所定の単位修得によりその素養を認めた学生に対し,卒業を認定します。
その技術者像は,次のとおりです。
  • 国際人としての教養を高め,人間社会や自然環境に対する責任感及び倫理観について考えられる技術者
  • 社会が要求している問題を見出し,数学・自然科学・情報技術を利用した問題解決に取り組める技術者
  • 日本語で論理的に記述・討論する経験を積み,専門分野において国際的にコミュニケーションがとれ,口頭発表ができる技術者
  • 継続して専門技術者や知識を学習する習慣をみがき,複合的な技術開発を進められる能力を高めた技術者
  • 「ものづくり」を重視し,技術的構想や創造的思考を実現させるためのデザイン能力を高めた技術者

[カリキュラムポリシー]

ディプロマポリシーに掲げる能力を育成するため,社会人・職業人として必要な一般教養と国際化対応能力,工学分野のものづくりに共通して必要な基礎的知識・技術と情報処理能力,核となる分野に関する知識・技術と他分野の専門知識・技術に関わる科目を開講しています。また,広く課題解決に資する科目として,体育,技術者倫理,実験・実習,卒業研究などを開講しています。
 各コースの核となる知識・技術を次のように定めています。
 
  • 機械コース:

    機械の力学,加工,材料及び制御に関する機械工学の知識と技術,機械システムの設計と製造で必要とされる実践的な知識と技術
  • 電気コース:

    電気エネルギーから電子情報通信に及ぶ電気電子工学の知識と技術,電気・電子回路の設計・製作・解析で必要とされる実践的な知識と技術
  • 情報コース:

    コンピュータを利用して制御を行うための計測・制御・情報工学の知識と技術,情報通信システムおよび制御システムの調査・分析・設計で必要とされる実践的な知識と技術
  • 建設コース:

    環境や情報の分野を融合した建設工学の知識と技術,構造物の建設や環境保全で必要とされる実践的な知識と技術
  • 化学コース:

    無機化学から有機化学に及ぶ材料や化学工学の知識と技術,材料開発,化学プラント開発,化学薬品製造で必要とされる実践的な知識と技術
 これらに関する科目,また,各分野の基礎的知識・技術や,分野横断的能力(主体性、チームワーク力、情報の収集・活用力、課題解決力、コミュニケーション力など)を全コース共通で学ぶ科目を開設し,学年進行とともに専門科目数が増えるようなカリキュラムとしています。
 カリキュラムの詳細は教育課程に,同じく評価方法についてはシラバスに示しています。

[アドミッションポリシー]

阿南工業高等専門学校は,しっかりした専門知識を,社会の中で実践的に活用できる可能性をもつエンジニアの育成をめざします。そのために必要な次のような能力などの育成に向けて,揺らぐことのない目的意識と強い意欲をもつ人を求めています。
また,4年次編入学においても,これに準じます。
  • エンジニアとしての責任感と倫理観
  • 問題の解決能力
  • 豊かなコミュニケーション能力
  • 自立的な学習能力

高専の教育課程

高等専門学校教育課程の特徴

-次代を担う第一線エンジニアを育成するカレッジです-

高専の教育課程本校は中学校の卒業生を受け入れ,5カ年間の一貫教育によって,将来有為の実践的技術者を養成する高等教育機関の一つです。 教育課程は一般科目と専門科目が効率よく組み合わされ,その実力は社会から高く評価されています。 卒業後さらに勉学を続けたい人には,大学3年次への編入および本校の専攻科への進学の道が開かれています。本校の卒業生で,大学さらに大学院という道を歩んだ人も少なくありません。

本科各コース・専攻科の定員

各学年での一般科目と専門科目との比較

一般・専門科目学年比率例

成績の評価及び学年の修了と卒業の認定(pdf)


学費・奨学資金

就学支援金制度に伴う授業料について(PDF)

比較的安い経費で勉強できることも本校の大きな特色です。1カ年の就学に必要な負担額は,公立高校より少し高い程度です。入学時に必要な諸経費は下の表のとおりです。(学科により多少諸経費のばらつきはあります)
国庫納金 そ の 他
入学料(入学時のみ) 84,600 学生会入会金(入学時) 2,000
学生会費(前期分) 2,500
授業料(前期分) 117,300 学生傷害保険料(5年分) 10,000
寄宿料(前期分) 4,200 教科書・教材・制服・実習服など 約115,000
寮生会費 1,500
206,100 約131,000
合    計  337,100

次のような場合,入学料や授業料を免除する制度があります。希望する人は,入学手続き時の説明会に出席してください。

●入学料を免除される場合:入学前1年以内に,学資を負担する保護者が亡くなったり,大きな災害を受けたりして,入学料を納めるのが非常に困難な場合は,入学料の全額,または,半額を免除されることがあります。
●入学料の徴収を猶予される場合:成績優秀な学生で,経済的理由により入学料を期日までに納めることが困難な学生は,選考の上,入学料の徴収を2月末まで猶予することがあります。
●授業料を免除される場合:成績優秀な学生で,経済的理由により授業料を納めることが困難な学生は,選考の上,授業料の全額,または,半額が免除されます。本校では,年間延べ約40名の学生が授業料を免除されています。

学生掲示板(学生昇降口)や校内放送にて周知します。よく注意して下さい。

奨学金制度

-各種奨学金制度があります-

経済的な理由で就学が困難であり,かつ健康で人物・学業成績の優秀な学生には,種々の奨学金制度があり,選考のうえ学資が貸与または給付されます。 平成26年1月1日現在では,日本学生支援機構の第一種奨学生(無利子)が68名,第二種奨学生(有利子)が3名,徳島県奨学金(高専生本科のみ対象(無利子))の奨学生が46名います。その他,あしなが育英会,本校後援会による就学援助金の制度等があります。 日本学生支援機構の奨学金には,中学校在学時(10月~11月)に申し込む「予約採用」と入学してから申し込む「在学採用」があります。在学採用の説明会は4月中旬を予定しています。学生掲示板(学生昇降口)や校内放送にて周知します。よく注意して下さい。 平成24年度の日本学生支援機構及び徳島県奨学金の貸与月額等は下記のとおりです。

無利子(単位:円)

日本学生支援機構(第1種) 徳島県奨学金
1~3年自宅 21,000 8,000 ・ 13,000 ・ 18,000
1~3年自宅外 22,500 8,000 ・ 13,000 ・ 18,000
4,5年自宅 45,000 43,000
4,5年自宅外 51,000 43,000
専攻科1~2年自宅 45,000
専攻科1~2年自宅外 51,000

有利子(単位:円)

日本学生支援機構(第2種)
4,5年 3,5,8,10,12万円から選択

奨学生受給状況

日本学生支援機構奨学生学年別人数

日本学生支援機構奨学生学年別人数


平成28年度卒業生の卒業後の進路


産業別


主な就職先・進学先(平成28年度実績)

●機械工学科

<就職先> 大阪ガス(株),大阪シーリング印刷(株),大塚化学(株),大塚製薬(株),(株)大塚製薬工場,大塚テクノ(株),花王(株),京セラ(株),四国化工機(株),神鋼テクノ(株),セイコーエプソン(株), (株)ダイセル,大鵬薬品工業(株),東亞合成(株)徳島事業所, (株)酉島製作所,日亜化学工業(株) 日東電工(株)尾道事業所,富士重工業(株),ペガサスミシン製造(株),(株)放電精密加工研究所,三菱電機システムサービス(株),森永乳業(株)神戸工場,雪印メグミルク(株)
<進学先> 阿南高専専攻科,岡山大学,徳島大学,豊橋技術科学大学,長岡技術科学大学

●電気電子工学科

<就職先>旭化成(株),(株)イシダ,NHK(地域採用),王子製紙(株)富岡工場,大阪ガス(株),大塚化学(株),大塚製薬(株),花王(株),関西電力(株),キヤノンシステムアンドサポート(株),四国化工機(株),四国電力(株),第一三共プロファーマ(株),大鵬薬品工業(株),東海旅客鉄道(株),東京電力(株),富田製薬(株) ,パナソニックシステムネットワークス(株)システムソリューションズカンパニー,三菱電機(株)受配電システム製作所,三菱電機(株)通信機製作所
<進学先>阿南高専専攻科,電気通信大学,徳島大学,豊橋技術科学大学

●制御情報工学科

<就職先>アトラス情報サービス(株),(株)アルファシステムズ,NECフィールディング(株),京セラコミュニケーションシステム(株),(株)ジャパンコミュニケーション,(株)セゾン情報システムズ,(株)ソフトサービス,東京エレクトロングループ,西尾レントオール(株),日亜化学工業(株),(株)HAL,富士通(株),丸井産業(株),ミラクル・リナックス(株),ユニチカ(株)
<進学先>阿南高専専攻科,駒沢大学,信州大学,徳島大学,豊橋技術科学大学,広島大学,北海道大学

●建設システム工学科

<就職先>エスシー企画(株),王子製紙(株)富岡工場, (株)建設マネジメント四国,(株)鴻池組,国土交通省四国地方整備局(一般職技術系),五洋建設(株),三機工業(株),住友金属鉱山(株)別子工場,大和ハウス工業(株),(株)竹中土木,東海旅客鉄道(株),東京水道サービス(株),東京都下水道サービス(株),徳島県庁,西日本高速道路(株),西日本旅客鉄道(株),日本オーチス・エレベータ(株),(株)フジタ建設コンサルタント,(株)松本コンサルタント
<進学先> 阿南高専専攻科,香川大学,徳島大学,豊橋技術科学大学

●専攻科 (平成28年度実績)

<就職先> 日亜化学工業(株),富士通(株)
<進学先> 大阪大学大学院,神戸大学大学院,徳島大学大学院

進路の比率



前のページにもどる