校長メッセージ

阿南高専国際交流室へようこそ。 本校で学んでいる留学生の皆さん、そしてこれから本校へ留学しようと考えている皆さんを心から歓迎します。阿南は自然豊かな小都市で、人々は非常に親切であり、教育熱心な教員に恵まれた本校は学問をするのに最適の環境にあるカレッジです。 国際交流室はまた、海外での留学・短期交換留学(現在:ドイツの2大学)・語学研修(現在:米国ソノマ州立大学)を目指す本校学生の皆さんや、国際共同研究を考えている教員の皆さんもお待ちしています。 本校は、創造性豊かで実践的な技術者を養成することを目的として1963年に創設された国立の高等教育・研究機関です。技術者の活躍の場が世界に広がった昨今では、世界的水準の技術者教育とともに、学生の国際的感覚とコミュニケーション能力の涵養が不可欠です。それに応えるために、Washington Accord に準拠した日本技術者教育認定機構JABEEの認定を受けた技術者教育プログラムや、積極的な留学生の受入/派遣による国際理解教育・多文化共生教育を推進しています。 本校の長期留学生はこれまで国費留学生が殆どでしたが、今後は優秀な私費留学生も積極的に受入れる方針です。そのため、アジアの中でも手始めにベトナムや韓国の高校との連携を進める予定です。また、海外の提携大学等を増やして短期交換留学制度(インターンシップや卒業論文作成)の一層の充実を目指しています。これらが実現すれば、私たちのキャンパスそのものがより国際的な環境になると考えています。 国際交流室は、長期・短期留学生*の皆さんが本校で楽しく生き生きと学習し学校生活を送れるように、さまざまな相談、日本語補習、学習や生活面の助言・指導などを含めて、手厚くきめ細やかな支援しています。また、本校学生・教員とはもちろんのこと、地域市民の方々との交流プログラムの充実も図っています。例えば、本校学生とのInternational Tea Party, International Student Forumや、市民の方々のお宅でのHome Stay Programなどの多彩なイベントがあります。 他方、本校学生の海外での長期留学、短期交換留学や語学研修の斡旋、事前準備、渡航後の連絡などの世話もしています。さらに、海外の教育研究機関等と交流協定を締結し、私費長期留学生の受入、学生の短期交換留学、教員の共同研究などの国際的交流を進めることも大きな任務です。 皆さん、まず国際交流室あるいはそのホームページを訪ねてみてください。それによって私たちの国際交流が始まり、あるいは一層進展します。