阿南工業高等専門学校
Japanese/English




阿南高専の制服が改定されました

2008年 4月 3日
「高専生としての誇りと品位をかもし出す制服」 趣旨と経緯 開校以来44年間男子制服は学生服でありましたが,女子学生の増加など時代・社会環境の変化に伴い新 たな制服を改定することにしました。そのため学生,保護者,教員によるワーキンググループを立ち上げ, 約1年間をかけて論議しました。また学生アンケートを最大限取り入れ,「学生が主役の制服づくり」を心が けました。 アイテム
男子 女子
冬服 (購入必須) ブレザー、スラックス シャツ、ネクタイ ブレザー、スカート シャツ、ネクタイ
夏服 スラックス、シャツ スカート、シャツ
オプション ベルト、ベスト ソックス リボン、スラックス ベスト、ソックス
平成20年度入学生から着用とし,本校3年次までの制服として着用を義務づけます。 靴は特定の製品名を指定しませんが,男女とも革靴もしくは白や黒のスニーカーで華美に ならないものとします。 新制服の完成 新制服は,毎日着用する学生にとって着心地の良いものである縫製に拘っており,耐久性に優れ,吸汗速 乾機能を有した素材を用いています。また,『誇り』『自律』『地域性』3つのキーワードに基づいてデザイン しております。 「誇  り」 高専生であることの誇りを上質な素材,ジャケット袖裏(そでうら)のスレーキなどのこだわ りで表現しました。 「自  律」 正装スタイル(ネクタイ)の他に女子はリボンのオプションアイテムを設定し,学生自身が 着こなしを考え,学ぶ事のできる制服にしました。 「地域性」 地域に根ざした姿を表現する為,徳島の伝統的な織物,しじら織をモチーフにしたボトム 柄,エンブレムをコーディネイトしました。カラーリングにも地域性を考慮し,藍染めをイメ ージさせる濃紺をメインカラーにしました。 このように,学生が活動的な学校生活に最良の着用感が得られ,長く・愛着の持てる制服ができあがりまし た。このことにより勉学および課外活動においても大きな成果が得られるものと期待しております。 ※「制服紹介ビデオ」を作成しました。よろしければご覧ください。 ※ 下の画像をクリックすると大きくなります。


前のページにもどる