阿南工業高等専門学校
Japanese/English




INCHEM TOKYO 2013に最新研究成果を出展しました

2013年 11月 15日
 本校寄附講座・小西智也特別研究准教授が「ナノ蛍光体を量産する技術」をINCHEM TOKYO 2013の四国地区高専地域イノベーションセンターのブースに出展しました。  INCHEM TOKYOとは、プロセス産業用プラント、素材や材料の分野、また円高や電力問題などの問題を抱える製造業の環境・エネルギー対策の分野、そして途上国を中心に大きな需要が見込まれる水分野の4つのテーマで構成される総合展示会として、2年に1回奇数年に開催されるアジア最大級の1966年から続く歴史ある展示会です。今年は10月30日から11月1日の3日間にわたり東京ビッグサイトで開催されました。  水溶液を原料として、噴霧乾燥法とコア・シェル法を組み合わせることで、認証印刷や医療診断に役立つナノ蛍光体を量産することができます。


前のページにもどる