阿南工業高等専門学校
Japanese/English




第9回キャンパスベンチャーグランプリ四国大会で最優秀賞を受賞

2012年 2月 23日
 去る2月10日,キャンパスベンチャーグランプリ四国実行委員会が主催する第9回キャンパスベンチャーグランプリ四国大会の最終審査会が,リーガホテルゼスト高松で開催されました。 この大会は,学生による新事業の提案コンテストです。当日の最終審査会には,書類審査を通過した大学院・大学・高専の8案件が参加しました。審査の結果,本校制御情報工学科5年生の前田飛鳥くん,天狗石悠斗くん,河野愛衣さん及び辻ひかるさんの提案した「学習型電源タップ『スマップ』が,テクノロジー部門において最優秀賞・四国経済産業局長賞を受賞しました。  『スマップ』は,スマートなタップの略で,従来の節電タップとは異なり,使用していない時間帯を学習し,自動的に電源を切るというものです。  前田くんは,プレゼン・質疑応答で試作品を見せながら,この製品の独創性,事業・市場性を堂々とアピールし,大学院生・大学生を抑えての最優秀賞の受賞となりました。3月には,東京で開催されるキャンパスベンチャーグランプリの全国大会に出場します。


前のページにもどる