阿南工業高等専門学校
Japanese/English




ティーチング・ポートフォリオ シンポジウム in 阿南 を開催しました

2012年 2月 21日
 阿南高専では,FD活動の新たな手法としてティーチング・ポートフォリオ(TP)と教育の客観的データ分析(IR)を取り入れ,学生本位となる独自の教育改善プログラムの開発を行っています。  この取組みの成果を学内外に周知するとともに,更なる推進・発展を目指すためのシンポジウムを2月13日(月)に創造テクノセンター棟で開催しました。  最初に,本校でのTP導入のきっかけとなった平成21年度夏季教員研修会の講師としてお招きした,栗田佳代子 大学評価・学位授与機構准教授から,基調講演として「ティーチング・ポートフォリオの現状とアカデミック・ポートフォリオの可能性」の話をしていただきました。  続いて,TP作成を先進的に奨励している大阪府立大学高専 北野健一 准教授から,同高専におけるTPの取組状況の報告があり,本校教員からも次の事例報告がありました。      1「新任研修への活用について」坪井 教授      2「メンターを経験して」奥本 准教授      3「TP・IR の活動報告」清水 特命講師      4「教学分野DB の開発報告」後藤田 特命講師  この後,講演及び事例報告者と参加者約50名が一体となって パネルディスカッションが行われ,活発な議論が飛び交いました。


前のページにもどる